"Light Enhancer Cap"とは【2】

LED面発光モジュールの方式による比較

LEDは次の2つ方式で使用することができます。
1)導光方式
看板など、器具の「外周部」にLEDを並べ、光を面に行きわたらせる板(導光板)を使用する方式をいいます。
2)直下方式
看板などの表示面の裏側にLEDを敷き並べる方式です。


LED光を「広域に」かつ「均一に」拡散!
LEDは強くて明るい光を放つ一方、面としてムラなくキレイにするためには、どうしてもLEDの数を増やさなければなりません。
ですが、当社の光拡散タイプレンズを搭載した場合、LED光を制御して効率良く拡散させることで板面をムラなくキレイに照らします。しかも、LEDの数を減らしても必要な明るさを確保したままキレイな発光面にすることが可能です。



1Wや2Wなどの高出力LEDとの組み合わせで、効果はさらにアップ!

当社の光拡散タイプレンズを高出力LEDと組み合わせることによって、さらに数を減らすことができ
高いパフォーマンスでLEDを導入することが可能です。


モジュール
LEDとレンズを組み合わせたものをさします。