LEDの普及により、白熱電球や蛍光管からLED光源へという流れは、工業製品のみならず、一般住宅照明にまで波及してきています。 では、ここでクエスチョン!

なぜLEDは蛍光管より"ECO"なのでしょう?
答え:LEDは蛍光管に比べ低消費電力! さらに、長寿命!
小さな電力で明るく発光するので、これまでの蛍光管に使っていた電力より少なくて済むということです。だから、CO2排出量もグッと下がる!
そして、水銀 を使用していないため、次世代照明として急速な普及が始まっています。
環境にやさしいLEDは、今後、看板や家電製品などの分野でますます多用され、家庭やオフィスにおける照明でも、標準化されていくことでしょう。

さぁ、みなさん!「ヒカリでエコ」を考えてみませんか?